土壌環境基準(環告46号)溶出試験28項目:1 クロロエチレン(塩化ビニル・塩化ビニルモノマー)、2 四塩化炭素、3 1,2-ジクロロエタン、4 1,1-ジクロロエチレン、5 1,2-ジクロロエチレン、6 1,3-ジクロロプロペン、7 ジクロロメタン、8 テトラクロロエチレン、9 1,1,1-トリクロロエタン、10 1,1,2-トリクロロエタン、11 トリクロロエチレン、12 ベンゼン、13 カドミウム、14 六価クロム、15 全シアン、16 総水銀、17 アルキル水銀、18 セレン、19 鉛、20 砒素、21 フッ素、22 ホウ素、23 シマジン、24 チオベンカルブ、25 チラウム、26 ポリ塩化ビフェニル(PCB)、27 有機燐、28 1,4-ジオキサン、の診断・検査の案内画像。土壌の「水質を浄化し地下水をかん養する(浸み込ませてなじませる)機能」及び「食料を生産する機能」に重きを置いており、溶出の基準値が多いことが特徴です
土壌汚染対策法(環告18・19号)全項目検査について、第一種特定有害物質揮発性有機化合物(12項目):クロロエチレン,四塩化炭素,1,2-ジクロロエタン,1,1-ジクロロエチレン,1,2-ジクロロエチレン,1,3-ジクロロプロペン,ジクロロメタン,テトラクロロエチレン,1,1,1-トリクロロエタン,1,1,2-トリクロロエタン,トリクロロエチレン,ベンゼン、および第二種特定有害物質重金属等(溶出10項目)(含有 9項目):カドミウム及びその化合物,六価クロム化合物,シアン化合物,水銀及びその化合物,アルキル水銀化合物,セレン及びその化合物,鉛及びその化合物,砒素及びその化合物,フッ素及びその化合物,ホウ素及びその化合物、第三種特定有害物質,農薬等(5項目):シマジン,チオベンカルブ,チウラム,ポリ塩化ビフェニル(PCB),有機燐化合物が対象とする診断・検査を表す画像。土壌中の有害物質が雨などにより地下水へ浸透した場合にその地下水等を摂取することによるリスクに対して定められたものです。 一方、含有指定基準(含有量試験)は、土壌を直接摂取することによるリスクに対して定められたものです。
製品や原料の安全性の確認についての第二種特定有害物質重金属等(溶出10項目)(含有 9項目):カドミウム及びその化合物,六価クロム化合物,シアン化合物,水銀及びその化合物,アルキル水銀化合物,セレン及びその化合物,鉛及びその化合物,砒素及びその化合物,フッ素及びその化合物,ホウ素及びその化合物の診断・検査を案内する画像。近年ではコンクリート廃材や汚泥を中間処理し、リサイクルする流れも活発になっており、そこでも土壌の基準値が活躍します。
家庭菜園、家庭栽培、畑・水田・水稲・作土・堆肥量の調査、農作業、農業、農作物、営農、腐植土、作物のための土壌養分の分析、土壌診断に基づく適正施肥、窒素(硝酸態窒素・アンモニア態窒素)・リン酸・カリウムと、ミネラル分であるカルシウム・マグネシウムなど肥料3大要素、適正に肥料の分析による収量・収穫量の安定化、塩基飽和度(石灰・苦土・加里)、その他の土壌分析・検査・診断を案内する画像。

夏季休業のお知らせ

平素は格別のお引き立てを賜り厚くお礼申し上げます。 弊社の夏季休業についてご連絡申しあげます。 誠に勝手ながら夏季休業は下記のとおりとさせていただきますので、予めご了承ください。 なお、注文の受付は可能です。

【夏季休業期間 8月10日(水)〜8月16日(火)】

つきましては、現在検査項目ごとに目安として設けている「取引完了までのスケジュール」が、表示されている納期と異なる場合がございますので、詳しくはお電話かメールにてお問い合わせください。

土壌分析項目セットメニュー一覧

土壌汚染対策法(環告18号・19号)

土壌汚染対策法+土壌環境基準全項目検査(溶出試験28項目・含有試験9項目)土壌汚染対策法(環告18・19号)全項目検査について、第一種特定有害物質揮発性有機化合物(12項目):クロロエチレン,四塩化炭素,1,2-ジクロロエタン,1,1-ジクロロエチレン,1,2-ジクロロエチレン,1,3-ジクロロプロペン,ジクロロメタン,テトラクロロエチレン,1,1,1-トリクロロエタン,1,1,2-トリクロロエタン,トリクロロエチレン,ベンゼン、および第二種特定有害物質重金属等(溶出10項目)(含有 9項目):カドミウム及びその化合物,六価クロム化合物,シアン化合物,水銀及びその化合物,アルキル水銀化合物,セレン及びその化合物,鉛及びその化合物,砒素及びその化合物,フッ素及びその化合物,ホウ素及びその化合物、第三種特定有害物質,農薬等(5項目):シマジン,チオベンカルブ,チウラム,ポリ塩化ビフェニル(PCB),有機燐化合物が対象とする診断・検査を表す画像。土壌中の有害物質が雨などにより地下水へ浸透した場合にその地下水等を摂取することによるリスクに対して定められたものです。 一方、含有指定基準(含有量試験)は、土壌を直接摂取することによるリスクに対して定められたものです。

本日ご注文で 2022年09月01日(木) に報告書送付

土壌汚染対策法 全項目(溶出試験27項目・含有試験9項目)|土壌汚染対策法(環告18・19号)全項目検査について、第一種特定有害物質揮発性有機化合物(12項目):クロロエチレン,四塩化炭素,1,2-ジクロロエタン,1,1-ジクロロエチレン,1,2-ジクロロエチレン,1,3-ジクロロプロペン,ジクロロメタン,テトラクロロエチレン,1,1,1-トリクロロエタン,1,1,2-トリクロロエタン,トリクロロエチレン,ベンゼン、および第二種特定有害物質重金属等(溶出10項目)(含有 9項目):カドミウム及びその化合物,六価クロム化合物,シアン化合物,水銀及びその化合物,アルキル水銀化合物,セレン及びその化合物,鉛及びその化合物,砒素及びその化合物,フッ素及びその化合物,ホウ素及びその化合物、第三種特定有害物質,農薬等(5項目):シマジン,チオベンカルブ,チウラム,ポリ塩化ビフェニル(PCB),有機燐化合物が対象とする診断・検査を表す画像。土壌中の有害物質が雨などにより地下水へ浸透した場合にその地下水等を摂取することによるリスクに対して定められたものです。 一方、含有指定基準(含有量試験)は、土壌を直接摂取することによるリスクに対して定められたものです。

本日ご注文で 2022年09月01日(木) に報告書送付

第一種特定有害物質、揮発性有機化合物(12項目)について、クロロエチレン・四塩化炭素、ジクロロエタン、ジクロロエチレン、ジクロロエチレン、ジクロロプロペン、ジクロロメタン、テトラクロロエチレン、トリクロロエタン、トリクロロエタン、ベンゼン、および第一種特定有害物質揮発性有機化合物+1,4ジオキサン(13項目)溶出量試験が対象とする診断・検査を表す画像

本日ご注文で 2022年08月30日(火) に報告書送付

第二種特定有害物質・重金属等(溶出10項目)(含有 9項目)カドミウム及びその化合物、六価クロム化合物、シアン化合物、遊離シアン、水銀及びその化合物、アルキル水銀化合物、セレン及びその化合物、鉛及びその化合物、砒素及びその化合物、フッ素及びその化合物、ホウ素及びその化合物が対象とする診断・検査を表す画像

本日ご注文で 2022年08月30日(火) に報告書送付

第二種特定有害物質 重金属含有9項目|土壌分析.com

本日ご注文で 2022年08月30日(火) に報告書送付

土壌汚染対策法 第三種特定有害物質(農薬等5項目)検査;シマジン、チオベンカルブ、チウラム、ポリ塩化ビフェニル(PCB)、有機燐化合物を対象とする診断・検査を表す画像。家庭菜園、家庭栽培、畑・水田・水稲・作土・堆肥量の調査、農作業、農業、農作物、営農、腐植土、圃場(ほ場)、作物のための土壌養分の分析、土壌診断に基づくph調整、適正施肥、生育・連作農法、窒素(硝酸態窒素・アンモニア態窒素)・リン酸・カリウムと、ミネラル分であるカルシウム・マグネシウムなど肥料3大要素、適正に肥料の分析による収量・収穫量の安定化、塩基飽和度(石灰・苦土・加里)、その他の土壌分析・検査・診断を案内する

本日ご注文で 2022年09月01日(木) に報告書送付
*別途前処理費用が発生します。

土壌環境基準(環告46号)

土壌環境基準 溶出試験28項目|土壌分析.com

本日ご注文で 2022年09月01日(木) に報告書送付

土壌環境基準含有試験2項目(農用地)検査;ヒ素、銅のその他の土壌分析・検査・診断を案内する画像。土壌環境基準の含有項目は、農用地、特に田に係る特殊な項目です。同じ土壌の含有試験でも、土壌汚染対策法(土対法)の含有試験とは試験方法が異なるので農家の方は注意が必要です

本日ご注文で 2022年09月01日(木) に報告書送付
*別途前処理費用が発生します。

土壌汚染対策法(環告18号・19号)+土壌環境基準(環告46号)

土壌汚染対策法+土壌環境基準 全項目検査|土壌分析.com

本日ご注文で 2022年09月01日(木) に報告書送付
*別途前処理費用が発生します。

土壌分析をお考えの皆様へ

女性が農地から採取したサンプルを溶液に均一に配置して、酸性度などを調べていることをイメージした画像

初めてご利用される方のお悩み解決します!

当サイトには以下のお悩みや不安を解決する専用ページがございます。ぜひご覧ください。

  • 土壌分析について
  • 土壌分析の種類について
  • 土壌にまつわる法令について
  • 有害物質の種類について
  • ケースごとの土壌分析の傾向について

詳しく見る

過去の土壌分析実施例

2022年8月10日

建設業様から土壌環境基準 溶出28項目の分析依頼

2022年7月13日に分析した事例をご紹介します。 埼玉県の建設業様よりご発注いただきました土壌環境基準 溶出...

2022年8月5日

製造業様より土壌汚染対策法第二種 溶出・含有の分析依頼

2022年7月11日に分析した事例をご紹介します。 北海道の製造業様よりご発注いただきました土壌汚染対策法第二...

2022年7月25日

製造業様より土壌汚染対策法第二種 含有9項目の分析依頼

2022年6月29日に分析した事例をご紹介します。 埼玉県の製造業様よりご発注いただきました土壌汚染対策法第二...

土壌分析.comが選ばれる3つの理由

低価格

全国から多くの検体を集めることによりコスト削減を行っております。

迅速対応

365日24時間受付対応。分析見積は翌営業日までに提出いたします。

簡単注文

WEB上だけですべての注文手続きを完了できます。

土壌分析.comは業界NO.1を目指しています!

よくある質問

検体量はどの程度必要ですか?

必要検体量はこちらよりご確認ください。
料金表に掲載の検体量をご参照ください。分析内容により量が異なります。
基本的な内容の分析の場合、300500g程度必要になります。お急ぎの場合は、直接ご相談ください。
検体は、密封可能な容器に採取してください。特殊な分析の場合のみ、弊社より専用容器を発送いたします。

検体の受け渡しの方法はどうなっていますか?

郵送もしくはご持参ください。
訪問可能距離であればサンプリングに伺うことも可能ですが、別途サンプリング費用等が発生します。

分析料金はどのくらいかかりますか?

主な分析料金表はこちらよりご確認ください。
分析料金は検体の種類、分析項目、検体数、納期、その他事項等、ご依頼の内容により異なります。
必要情報をお聞き取りした後に、見積書を提出いたします。

納期は、検体を送ってからどのくらいですか?

分析期間はこちらよりご確認ください。
料金表に掲載の納期をご参照ください。分析内容により期間が異なります。
基本的な内容の分析の場合、弊社にて受け入れ完了後、10〜18営業日で数値速報となります。
お急ぎの場合は、直接ご相談ください。
速報はメール又はFAXにてお知らせとなり、その後報告書を発行し、郵送いたします。

詳しく見る

運営会社情報

会社概要|土壌分析.com

当サイトは、山形県米沢市にあるネクスト環境コンサルタント株式会社が運営しております。 計量証明書事業登録、建築物飲料水水質検査業登録、作業環境測定機関登録、温泉成分分析施設登録などの事業登録を行い、環境計量士、作業環境測定士、公害防止管理者、アスベスト診断士、技術士(上下水道部門)の有資格者を備えます。

WEB上だけで、すべての注文手続きを完了させることが出来、姉妹サイトの産廃分析.comと共に、北は北海道、南は沖縄まで多くのお客様に対応できる体制を整えています。

詳しく見る

土壌分析の種類と検査項目

土壌分析にはさまざまな方法があり、その目的によって適切な方法が異なります。土壌分析の種類について以下に解説します。

環境分析

環境を診断する土壌分析では、法令に定められた有害物質について、法令で定められた方法で分析を実施します。
環境への悪影響や汚染に関わる内容が多いため、このように呼称されます。土壌の分析において公定法として用いられることも多々あります。
有害物質の有無や、周辺環境へどの程度影響を及ぼす可能性があるかを判断する指標となるため、その土地の安全性の確認に適しています。

法令に伴い実施する必要がある場合のほか、最近では不動産売買時の土地の状態確認や、家庭菜園を始める前の安全性の確認などでも実施することがあります。

【主な分析項目】

・第一種特定有害物質…有機塩素化合物(VOC)類の有害物質
1,2-ジクロロエタン、1,1-ジクロロエチレン、1,1,1-トリクロロエタン、テトラクロロエチレン、1,3-ジクロロプロペン など

・第二種特定有害物質…重金属類の有害物質
カドミウム、六価クロム、水銀、セレン、鉛、砒素、ふっ素、ほう素 など

・第三種特定有害物質…農薬系の有害物質
ポリ塩化ビフェニル(PCB)、有機燐化合物 など

土壌診断

土壌診断では、水田や畑の作土・土壌に含まれる栄養素や成分を分析します。水田にて水稲を育成する・畑にて作物を栽培するといった場合や、病害虫の防除をする場合、その土地にどれだけの栄養素が含まれているか把握することが重要です。
また、農業などで堆肥を施肥して地力を上げたり土地改良したりする場合、どのような養分がどれだけ必要か知らないと十分な効果が見込めません。これらの土地の作物育成スペックを知るために実施する分析が土壌診断となります。また化学肥料などについての成分分析もこちらに該当します。

【主な分析項目】

・一般項目
水素イオン濃度(pH)※酸性・アルカリ性の判定、電気伝導率(EC)、陽イオン交換容量(CEC)、可給態リン酸、腐植、石灰、苦土、加里、塩基飽和度 など

・窒素項目
硝酸態窒素、亜硝酸態窒素、アンモニア態窒素、無機態窒素 など

・微量要素項目
鉄、マンガン、ほう素、可溶性亜鉛、可溶性銅、カルシウム、マグネシウム など

上記の分析のうち、弊社は環境分析を最も得意としております。土壌診断に係る項目も分析可能ですが、診断書等の作成や判定は行っておりません。

お見積もりフォーム|土壌分析.com
ご注文フォーム|土壌分析.com
お問い合わせ|土壌分析.com
MENU
PAGE TOP