自身の土地の安全性の確認

ご自宅の庭で家庭菜園を始める際に、安全確認のためにご利用いただくこともあります。全ての項目を実施すると高額になるため、項目を絞りたいというご相談をよく受けます。その際は自然由来で多量に存在する可能性がある、重金属項目の実施をまずは優先すべきとご紹介しております。

対象項目の詳細ページ

過去の個人分析事例はこちら

第二種特定有害物質 分析項目と基準値

分類 No. 分析項目 土壌溶出量基準
(mg/L)
土壌含有量基準
(mg/kg)
項目別料金
(円)
第二種特定有害物質
重金属等
(溶出10項目)
(含有 9項目)
1 カドミウム及びその化合物 0.003以下 45以下 4,000
(税込4,400)
2 六価クロム化合物 0.05以下 150以下 5,000
(税込5,500)
3 シアン化合物 検出されないこと
0.1未満
50以下
遊離シアンとして
3,000
(税込3,300)
4 水銀及びその化合物 0.0005以下 15以下 5,500
(税込6,050)
5 アルキル水銀化合物 検出されないこと
0.0005未満
6,000
(税込6,600)
6 セレン及びその化合物 0.01以下 150以下 4,000
(税込4,400)
7 鉛及びその化合物 0.01以下 150以下 4,000
(税込4,400)
8 砒素及びその化合物 0.01以下 150以下 4,000
(税込4,400)
9 フッ素及びその化合物 0.8以下 4000以下 4,000
(税込4,400)
10 ホウ素及びその化合物 1以下 4000以下 4,000
(税込4,400)

※別途前処理手数料が発生します。

その他の場合

土壌の分析は、私たちの実生活の安全を担保する上で重要なものですが、一方で様々な決まり事があり、内容は複雑で理解しにくい部分が多いといえます。疑問点があればどんなことでもご相談いただければと思います。