土壌汚染対策法(価格・料金・ご依頼と納期)

分析種別をクリックすると、測定項目や基準の数値などの詳細ページへリンクします。

分析種別 試料量 納期(試料到着後) 価格・料金
土壌汚染対策法+土壌環境基準全項目検査
(溶出試験28項目・含有試験9項目)
500g 通常12営業日 137,000円
(税込 150,700円)
特急8営業日 要相談
土壌汚染対策法 全項目
(溶出試験27項目・含有試験9項目)
500g 通常12営業日 129,000円
(税込 141,900円)
特急8営業日 要相談
土壌汚染対策法 溶出試験 全項目
(溶出試験27項目)
500g 通常12営業日 109,000円
(税込 119,900円)
特急8営業日 要相談
第一種特定有害物質
(揮発性有機化合物12項目)
200g 通常10営業日 45,000円
(税込 49,500円)
特急5営業日 要相談
第二種特定有害物質
(重金属9項目:含有量試験)
200g 通常10営業日 27,000円
(税込 29,700円)
特急5営業日 要相談
第二種特定有害物質
(重金属10項目:溶出量試験)
200g 通常10営業日 30,000円
(税込 33,000円)
特急5営業日 要相談
第三種特定有害物質
(農薬等5項目)
300g 通常12営業日 50,000円
(税込 55,000円)
特急8営業日 要相談

※別途 溶出試験前処理手数料 6,000円(税込6,600円)/検体
※別途 含有試験前処理手数料 6,000円(税込6,600円)/検体

《溶出量試験と含有量試験のちがいは?》

土壌汚染対策法では、溶出指定基準と含有指定基準が定められています。溶出指定基準(溶出量試験)は、土壌中の有害物質が雨などにより地下水へ浸透した場合にその地下水等を摂取することによるリスクに対して定められたものです。

一方、含有指定基準(含有量試験)は、土壌を直接摂取することによるリスクに対して定められたものです。調査の目的によって、分析する項目数を絞ると費用を抑えることができますよ!

土壌環境基準溶出・含有試験(価格・料金と納期)

分析種別をクリックすると、測定項目や基準の数値などの詳細ページへリンクします。

分析種別 試料量 納期(試料到着後) 価格・料金
溶出試験(28項目) 500g 通常12営業日 117,000円
(税込 128,700円)
特急8営業日 要相談
含有試験(2項目)※2 200g 通常12営業日 8,000円
(税込 8,800円)
特急8営業日 要相談

※  別途 溶出試験前処理手数料 6,000円(税込6,600円)/検体
※2 別途 含有試験前処理手数料 10,000円(税込11,000円)/検体

第一種特定有害物質 溶出試験向け 追加項目 (価格・料金と納期)

分析種別 土壌溶出量基準
mg/L
土壌含有量基準
mg/kg
価格・料金
1,4-ジオキサン 0.002以下 12,000円
(税込 13,200円)

※単独で分析する場合は、別途前処理手数料 6,000円(税込6,600円)/検体

土壌の分析について

1.必要な分析項目(セット)を選択し、見積もしくは注文依頼【お客様のアクション】

必要な項目を確認し、見積・注文フォームにてご依頼ください。
どのような項目を分析すればよいか分からないなど不明点がある場合は、担当者が状況をヒアリングし、分析についてご提案いたします。

分析依頼はこちらから

見積依頼はこちらから

電話でのお問合せは、0120-478-715

2.弊社より見積データの送付・納期や必要検体量をお知らせ【弊社のアクション】

フォーム入力いただいたアドレスへメールを送信いたします。
見積書原本は後日、入力いただいた住所へ発送いたします。

3.検体を採取し、弊社へ発送する【お客様のアクション】

分析をする土壌などを採取します。採取した検体を段ボール等で梱包し、弊社まで送付ください。土壌採取方法については、以下のページを参照してください。

土壌採取方法についてはこちら

採取容器は基本的にはジップロックのような密封可能なプラスチック製の袋や容器で問題ありません。ただし、項目によっては特殊な容器に採取する必要がありますので、ご依頼の際に担当者までご確認ください。

4.弊社にて検体受け入れ、分析前処理【弊社のアクション】

検体が届き、分析室にて受け入れが完了しましたら、その旨と速報予定日をメールにてお知らせします。
受け入れ後の検体は、実施する分析ごとに必要な前処理を行い、検液などを作成します。

5.分析【弊社のアクション】

各項目ごとに分析を実施します。基準の数値が微量な項目でも、規定の方法に則り、しっかりと計量します。

<例>

  • カドミウム:弊社ではICP(発光分光分析装置)を主に使用し、分析します。
  • トリクロロエチレン:GC/MS(ガスクロマトグラフィー質量分析器)を主に使用し、分析します。

6.報告書の作成、結果速報【弊社のアクション】

全ての分析が完了すると、その結果を基に報告書が作成されます。
その報告書データをベースに、メールにて結果速報をお知らせいたします。

7.報告書原本発行、書類発送【弊社のアクション】

速報にてご確認いただいた報告書は、計量士の数値確認・押印を経て、正式な原本発行となります。
報告書は請求書や関係書類とまとめて、指定の住所まで送付します。

8.お支払い【お客様のアクション】

届いた請求書記載の振込先に、支払期日までにお支払いをお願いいたします。

土壌の分析について

土壌の分析の目的は大きく2つに分けられます。

  1. 環境分析:土壌の安全性を確認したい。(有害物質の影響の有無を明確にする)
  2. 土壌診断:その土地で作物を育成するのに適しているか確認したい。(肥沃な土壌か確認する)

環境分析

弊社で取り扱う分析は、基本的に①の環境分析に関わるものです。法令に定められた有害物質について、法令で定められた方法で分析を実施します。法令に伴い実施する必要が生じた場合や、土地の安全性を確認する場合に必要な分析です。
土壌の他にも、製品の成分分析や地下水の水質分析でも土壌の基準が用いられる場合があり、それらの分析も弊社で実施可能です。

土壌診断

②の土壌診断は、弊社で行う分析とは少々専門性が異なります。
水田にて水稲を育成する・畑にて作物を栽培するといった場合に、その土地にどれだけの栄養素があるか把握することは重要です。
また農業などで圃場へ堆肥を施肥する場合、どのような養分がどれだけ必要か知らないと十分な効果が見込めません。農作物の収量や生産品質に直結する重要な要素と言えるでしょう。
これらの作物栽培や肥料(化学肥料を含む)に関係する分析について特化した分析会社は弊社とは別に複数存在します。
中には土壌を送ることで詳細な診断書を得られるサービスもあります。
以下のような項目について分析を検討している場合は、それらの土壌診断を得意とする企業へ相談するとよいかもしれません。

  • pH、EC、CEC、硝酸態窒素・アンモニア態窒素・無機態窒素 合計、可給態リン酸、腐植
  • 石灰、苦土、加里(カリウム)、総飽和度
  • 鉄、マンガン、ホウ素、亜鉛、銅、カルシウム、マグネシウム
お見積りフォーム|土壌分析.com
ご注文フォーム|土壌分析.com
お問い合わせ|土壌分析.com