土壌汚染対策法(料金と納期)

分析種別をクリックすると詳細ページへリンクします。

分析種別 検体量 納期(検体到着後) 料金
土壌汚染対策法+土壌環境基準全項目検査
(溶出試験28項目・含有試験9項目)
500g 通常12営業日 137,000円
(税込 150,700円)
特急8営業日 要相談
土壌汚染対策法 全項目
(溶出試験27項目・含有試験9項目)
500g 通常12営業日 129,000円
(税込 141,900円)
特急8営業日 要相談
土壌汚染対策法 溶出試験 全項目
(溶出試験27項目)
500g 通常12営業日 109,000円
(税込 119,900円)
特急8営業日 要相談
第一種特定有害物質
(揮発性有機化合物12項目)
200g 通常10営業日 45,000円
(税込 49,500円)
特急5営業日 要相談
第二種特定有害物質
(重金属9項目:含有量試験)
200g 通常10営業日 27,000円
(税込 29,700円)
特急5営業日 要相談
第二種特定有害物質
(重金属10項目:溶出量試験)
200g 通常10営業日 30,000円
(税込 33,000円)
特急5営業日 要相談
第三種特定有害物質
(農薬等5項目)
300g 通常12営業日 50,000円
(税込 55,000円)
特急8営業日 要相談

※別途 溶出試験前処理手数料 6,000円(税込6,600円)/検体
※別途 含有試験前処理手数料 6,000円(税込6,600円)/検体

《溶出量試験と含有量試験のちがいは?》

土壌汚染対策法では、溶出指定基準と含有指定基準が定められています。溶出指定基準(溶出量試験)は、土壌中の有害物質が雨などにより地下水へ浸透した場合にその地下水等を摂取することによるリスクに対して定められたものです。一方、含有指定基準(含有量試験)は、土壌を直接摂取することによるリスクに対して定められたものです。調査の目的によって、分析する項目数を絞ると費用を抑えることができますよ!

土壌環境基準溶出・含有試験(料金と納期)

分析種別をクリックすると詳細ページへリンクします。

分析種別 検体量 納期(検体到着後) 料金
溶出試験(28項目) 500g 通常12営業日 117,000円
(税込 128,700円)
特急8営業日 要相談
含有試験(2項目)※2 200g 通常12営業日 8,000円
(税込 8,800円)
特急8営業日 要相談

※  別途 溶出試験前処理手数料 6,000円(税込6,600円)/検体
※2 別途 含有試験前処理手数料 10,000円(税込11,000円)/検体

第一種特定有害物質 溶出試験向け 追加項目 (料金と納期)

分析種別 土壌溶出量基準
mg/L
土壌含有量基準
mg/kg
料金
1,4-ジオキサン 0.002以下 12,000円
(税込 13,200円)

※単独で分析する場合は、別途前処理手数料 6,000円(税込6,600円)/検体