製品や原料の安全性の確認

特に土壌の上で使用する路盤材や砕石、土壌に混合して使用する土壌改良材や肥料などは、安全性の確認を求められることが多いようです。また近年ではコンクリート廃材や汚泥を中間処理し、リサイクルする流れも活発になっており、そこでも土壌の基準値が活躍します。

製品等の安全性の確認の場合、主要な構成成分がハッキリしているため、分析すべき項目が明確になっている場合が多いようです。特に多いのは重金属類であり、「六価クロムのみ」といった的を絞った分析内容も少なくありません。

この項目で多くの方が利用されている分析は以下になります。

対象項目の詳細ページ

過去の製品・製品原料分析事例はこちら

分析項目と基準値

分類 No. 分析項目 土壌溶出量基準
(mg/L)
土壌含有量基準
(mg/kg)
項目別料金
(円)
第二種特定有害物質
重金属等
(溶出10項目)
(含有 9項目)
1 カドミウム及びその化合物 0.003以下 45以下 4,000
(税込4,400)
2 六価クロム化合物 0.05以下 150以下 5,000
(税込5,500)
3 シアン化合物 検出されないこと
0.1未満
50以下
遊離シアンとして
3,000
(税込3,300)
4 水銀及びその化合物 0.0005以下 15以下 5,500
(税込6,050)
5 アルキル水銀化合物 検出されないこと
0.0005未満
6,000
(税込6,600)
6 セレン及びその化合物 0.01以下 150以下 4,000
(税込4,400)
7 鉛及びその化合物 0.01以下 150以下 4,000
(税込4,400)
8 砒素及びその化合物 0.01以下 150以下 4,000
(税込4,400)
9 フッ素及びその化合物 0.8以下 4000以下 4,000
(税込4,400)
10 ホウ素及びその化合物 1以下 4000以下 4,000
(税込4,400)

※別途前処理手数料が発生します。