2020年12月8日に分析した事例をご紹介します。
福島県の電気業様よりご発注いただきました土壌環境基準 溶出28項目検査の案件です。

日時 2020/12/8
業種 電気業
発送場所 福島県
分析検体種類 ばいじん
分析項目 土壌環境基準 溶出28項目
一言メモ 焼却灰やばいじんといった廃棄物を再利用する場合、分析を求められることが非常に多いです。再利用後の用途として地面(土壌)に敷き詰めたり、混合したりする場合が多いことが理由の一つです。環境へ放出する以上、環境基準の数値を満たしていなければ、土壌を汚染することになりかねません。有害物質の溶出・含有量を正しく把握することは非常に重要といえるでしょう。

土壌環境基準 溶出28項目のご注文

土壌環境基準 溶出28項目のご注文はこちらからお気軽にご連絡ください。

土壌環境基準溶出試験28項目検査
土壌汚染対策法+土壌環境基準全項目検査

土壌環境基準 溶出28項目のお問い合わせ・お見積依頼

土壌環境基準 溶出28項目に関してのお問い合わせ・お見積依頼はこちらからどうぞ。キャンペーン中につき、QUOギフトカードを御見積書原本の発送の際にプレゼントしています。