【土壌分析】溶出試験と含有試験の違いについて 溶出試験 その2

前回は溶出試験の考え方や目的について解説しました。今回は分析までに実際にどのような操作を行うのか紹介します。

土壌分析における溶出試験について

土壌の溶出試験については、主に土壌環境基準や土壌汚染対策法にて定められています。

土壌環境基準H3年 環境庁告示第46号(環告46号)にて規定
土壌汚染対策法H15年 環境省告示第18号(環告18号)にて規定

環告18号では溶出の前処理について「環告46号の手順で実施」することを規定していますので、溶出操作に関しては、環告46号と環告18号は同様といえます。

溶出試験の手順について

専門的な条件を省略し簡略的に説明しますと、概ね以下のような手順となります。

  • 採取した検体を風乾し、水分を飛ばす
  • 検体から小石や木片等を取り除き、2mm目のふるいを通過させる
  • 検体と溶媒(水)を重量体積比10%の割合で同じ容器に入れ、試料液を作成する
  • 試料液の入った容器を常温常圧で6時間、連続して水平に振とうする
  • 振とう後、混ざった試料液をろ過し、検液とする
  • 作成した検液を、各項目の分析方法にて分析する

①~②は土壌検体の共通の前処理、③~⑤が溶出操作、⑥が実際の分析となります。前回説明しましたように、溶出試験は対象物質が水にどれだけ溶け出すかを調べますので、検液の溶媒は「水」となります。一部の揮発性の項目は、空気に触れることで性状が変化するため、風乾を実施せず、溶出操作も特殊なものになります。そのため1検体の分析であっても、複数の前処理・溶出操作を行うこともあります。

以上のように溶出試験では、検体と水を混合振とうした後の液体を、実際に分析します。

土壌分析のお問い合わせ・お見積依頼

土壌分析のお問い合わせ・お見積依頼はこちらからどうぞ。